ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : ミニベロ
カテゴリー一覧
ブログ 

ミニベロっておしゃれでかわいくて格好良くないですか?ミニベロのこと、ちょっと調べてみました

画像

ミニベロっておしゃれでかわいくて、しかも格好よくないですか?
この前仕事で新宿を歩いていたら、ミニベロに乗っている女性を2人ほど見かけました。
どちらの方もおしゃれで本当にかわいくて、ミニベロで新宿の街を颯爽と走り抜けて行きました。
わたしは通勤でMTBに乗っていて、休みの日にはロードバイクでサイクリングに行ったりするのですが、おしゃれな女子はミニベロに乗るのかも?と思い始めました。

でもミニベロミニベロ言いますが、一体どんな自転車をミニベロと呼び、どんな性能なのかよく知らないというのが本音です。
そこでミニベロについて、自分なりに調べてみました。

ミニベロの定義

ミニベロとは、ホイールの小さな自転車(小径車)を指すようです。では小さなホールとはどのくらいかというと、おおよそ24インチ以下ということらしいです。
そのサイズの自転車だと、折りたためるタイプのものもありますよね。それらの自転車は「折りたたみ自転車」というカテゴリー分けがあるので、「ミニベロ」は折りたたまない小径車、とすることが最近の解釈のようです。
でもこのあたりの区別は厳密ではないので、折りたたみ自転車もミニベロに含まれて語られることもあるみたいですね。そう考えると、BMXも小さなホイールですので、ミニベロということになるのでしょうか?
まぁそこの分類を厳密に定義しなくても、わたしたちが「ミニベロ」と言われて思い浮かべるあのタイプの自転車が、やっぱりミニベロってことですよね。

ミニベロの語源

この言葉の語源は、フランス語のようです。フランス語で自転車を「vele(ベロ)」と呼び、小さな自転車なので「minivelo(ミニベロ)」ということのようです。
うーん、フランス語だったら「プチベロ」となる気もしますが。謎は深まるばかりです。

ミニベロの走り

小さいホイールの自転車ですが、性能は良さそうなイメージですよね。ロードバイクと同じコンポーネントが取り付けられているミニベロをよく見かけます。わたしは一回だけアルテグラのミニベロを見かけたことがありますよ。
そんなミニベロの性能を調べてみると、やはり小径車ということがポイントとなるようです。
まずタイヤが小さいからと言って、ロードバイクと比べて沢山ペダルを回さなくてはいけないということはないようです。そこはギア比でしっかりと調整されているようですね。
違ってくるのは走り出しの加速です。タイヤが小さい分走り出しがよく、軽快に速度が乗っていくようです。一方でスピードが上がって高速になった時、タイヤが小さいためその速度を維持することが難しいようです。「加速しやすく減速しやすい」そんなイメージでしょうか。

ミニベロの乗りごこち

乗りごこちは、そこまで優れてはいないようです。車体が小さい分フォークやスポークなども短くなっていて、振動を吸収したりいなしたりすることが苦手なんですね。でも舗装路を走っている分には、あまり問題にはならないようです。

ミニベロの使用シーン

ここまで調べると、ミニベロは街用の自転車であることが分かります。
小さい車体の分、取り回しがよいです。これは都内の幹線道路から外れた入り組んだ道を簡単に走れますし、狭いスペースでも駐輪できます。
加速しやすく減速しやすいということは、信号によるストップアンドゴーが多い道路の走りに向いているということですね。
また舗装された道路であれば乗り心地も問題ないようですしね。

ミニベロは本当に都市に向いた自転車であるように思いますね。
わたしもあの時見かけた女性のように、おしゃれして、都内を颯爽と走って行きたいです。

writer : きょん きょん

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
writer : きょんミニベロ

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア