ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : MTB
カテゴリー一覧
ブログ 

日本で過去にあったのMTBブームについて

画像

最近の日本ではロードバイクが隆盛で、MTB(MTB)はあまり話題に上がりません。
しかし今では根強い人気を誇っているようです。
ここでは、日本で過去にあったMTBブームについてご紹介しましょう。

1980年代後半にMTBが大ヒットした

日本においては、1980年代後半にスポーツサイクルが本格的にブームになり、MTBが大ヒットしました。
専門店では、いろいろな形状とカラーリングのフレーム、さらにカラーリングと形状が個性的な部品が多く並んでいました。
量産メーカーだけでなく、多くのハンドメイドビルダーが誕生しました。
このほとんどは無くなりましたが、現在でもいくつかのブランドが生き残っています。
しかし、現在、このようなメーカーは、ロードバイクをメインに製造しています。
また、多くのハンドメイドパーツブランドも生まれ、現在では想像できないような部品のバリエーションが販売されました。
MTBは、世界的にも非常に流行になり、積極的に世界選手権などが開催されるなど、スポーツとしての地位をあっという間に獲得しました。
日本においてもいろいろなレースやイベントが開催され、MTBブームに世の中はなりました。

社会的なトラブルを引き起こした

しかし、これはある社会的なトラブルを同時に引き起こしました。
MTBのユーザーが、自由に林道を駆け回るなど、マナーが良くないことがトラブルの要因になりました。
さらに、ユーザーの多くが、林道のみでなく、立ち入りが禁じられているエリアに入る場合が続出し、マナーがMTBのユーザーは良くないというイメージが社会的に定着してしまいました。
これに伴って、MTBブームもだんだんと去っていき、非常に販売数と輸入数が少なくなりました。
現在では、ロードバイクに比較すると、非常にマイナーなスポーツにMTBはなっています。
しかし、海外においては、現在でもロードバイクとMTBの売上はほとんど同じであり、MTBは市民権をきちんと獲得しています。

MTBが再度着目されそうな要因が多い

では、どうして日本においてMTBはマイナーになったのでしょうか?
MTBはイメージが低下すると同時に、ロードバイクの方がスポーツを気軽に楽しむことができるというイメージになったことが大きな要因と言えるでしょう。
しかし、実際には、最近、少しずつですが、MTBが再度着目されそうな要因が多くなっています。
グラベルロードとシクロクロスがこの一つです。
グラベルロードというのは、ディスクブレーキと太めのタイヤを装備して、オフロードも走ることができるようにしたものです。
シンクロクロスは、オフロードに特化したものです。
このような自転車が着目されているのは、マルチパーパスバイクというオフロードとオンロードの2つの楽しみ方があるためです。
当然ですが、MTBのように悪路の場合は困難ですが、林道などの悪路はそれほど実際には多くありません。
そのため、多くの人がグラベルロードやシクロクロスで十分であると思っています。
実際には、グラベルバイクやシクロクロスに対する要求は、旅行をする自転車が要求されていることが非常に影響しています。
そして、このような旅行をする自転車の拡大が、MTBが復活するポイントになるかもしれません。
グラベルバイクやシクロクロスは、イメージとしてはロードの延長上という感じがやはりします。
そして、オフロードの場合は、安定感を考慮するとやはり選択肢としてフラットバーが浮かんできます。
この際、フラットバー化にグラベルバイクやシクロクロスをするより、MTBに初めからなっている方がいいと思う人が多くなっています。
また、MTBの方がギア比についてもより軽いものまであることも、旅行をする自転車を要求する人には大切なポイントです。
このようなことから、ギアの大きなものが選べるMTBは、旅行をする自転車には最適です。

writer : 自転車インフォ編集部員 画像

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
MTBwriter : 自転車インフォ編集部員

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
コメント
コメントする
このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア