ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : 自転車ニュース
カテゴリー一覧
ブログ 

8/21より立川駅で電動アシスト自転車のレンタサイクル開始 ~24時間365日利用可能~【@Press】

日国内最大級の自転車パーキング事業などを展開し、日本のサイクルライフをサポートする日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:下條 治、以下 NCD)は、平成26年4月1日から指定管理者として立川市の自転車駐車場の運営を行っており、今回、自主事業(指定管理者が、「自主事業」と呼ばれる創意工夫を凝らした独自の事業を展開すること)の一環としてレンタサイクルを開始いたします。

レンタサイクルは、(1)立川市内の観光や買物需要の増進、(2)立川市内の交通環境の利便性向上、(3)自転車の楽しさや利便性を周知することを目的に実施いたします。

画像
レンタサイクル貸出場所(立川駅北口西地区有料自転車駐車場)

画像
電動アシスト自転車(YAMAHA PAS CITY-C)

レンタサイクル概要

自転車駐車場について

NCDは、平成26年4月から平成30年3月までの期間、立川市内の5駅(立川駅、西立川駅、西国立駅、西武立川駅、武蔵砂川駅)の自転車駐車場20箇所、管理台数約12,000台の指定管理者として自転車駐車場の管理運営を行っております。またNCDでは、立川市をはじめ品川区、豊島区、北区、港区、目黒区、多摩市、川崎市、さいたま市、戸田市、ふじみ野市、柏市、他、多くの自転車駐車場の指定管理者として多くの実績を有しております。

立川市について

立川市は、東京都のほぼ中央、西よりに位置しており、多摩地域の中心部分にあって、昭島市、小平市、日野市、国分寺市、国立市、福生市、東大和市、武蔵村山市と接しています。
市域の南側には東西に流れる多摩川が、北側には武蔵野台地開墾の源となった玉川上水の清流が流れ、地形は平坦です。
JR立川駅周辺は商業が発展し人が集まり、市域の中央部分には国営昭和記念公園や広域防災基地などがあります。また、市域の北部は都市農業や武蔵野の雑木林など緑豊かな地域を形成しています。

日本コンピュータ・ダイナミクス株式会社(NCD)について

企業のシステム開発・コンサルティングを推進するシステムインテグレータとして1967年に創業。1999年より駐輪場管理事業に進出し、駐輪場管理システム「EcoStation21(R)」、コミュニティサイクル事業「ecoport(R)」、月極駐輪場管理・運営サービス「ECOPOOL(R)」、高額自転車用ロッカー「B-box」を展開。全国で約1,500箇所40万台以上の駐輪場を運営し国内シェアNo.1(電磁ロック式駐輪場)を誇る。駐輪問題の解決や街の活性化など、駐輪場に関する総合的なコンサルティングも提供している。

・コーポレートサイト http://www.ncd.co.jp/
・Ecostation21/ecoport/ECOPOOL/B-box Webサイト http://www.ecostation21.com

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
プレスリリース自転車シェア自転車ニュース

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア