ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : 自転車ニュース
カテゴリー一覧
ブログ 

「自転車シェア」本当は日本の企業ががんばってやってくれれば一番嬉しいけど、今は中国企業に期待する理由

画像

記事をざっくりまとめると……

モバイクは、23日より札幌で自転車シェアのサービスを開始する。数百か所の駐輪場に、数千台の自転車が用意されている。
このサービスの核となるのはスマートフォンだ。
アプリの地図に利用可能な自転車の位置が表示され、予約しておくこともできる。さらに自転車の解錠、利用時間の計測とそれに基づく利用料の決済など、すべてスマートフォン上で処理される。
また中国での批判を教訓に、自転車の大量投入は行わず、1台あたりの稼働率を高める戦略をとる。

自転車の所在位置の確認、
利用の予約、自転車の解錠、
利用時間の計測、利用料の決済

まさにスマートフォン万能時代の
象徴のようなサービスだな。
ニコニコ

中国本国での
シェア自転車が多すぎる問題
に対しても
教訓を生かして
対策を立てているようだし
これは期待だな!
ニコッ

お前さー
なんでいつも
自転車シェアのこと
持ち上げてんの?

うんうん

え?
だって凄いサービスじゃん
オレも絶対使ってみたいし。
おいおい……

そうかー? なんか
「エコ」だの「スマホ」だの
「中国の新ビジネス」だの
とりあえず
そこ注目してます!
みたいな
意識高い系気取ってるだけ
だろ。
ニコッ

違うもん!
本当に凄いビジネスだと
思ってるんだもん!
シクシク

自転車シェアは、これが普及したら日本の都市部での移動方法が根本的に変わる、もの凄い可能性を秘めたサービスのはずだ!

……これを日本の大手企業や役所がやると、展開も遅いし、料金設定も高くて誰も使わない、なんてことがリアルに起きそう。
それが中国のベンチャー企業なら、多少粗があっても、すごい勢いで安価なサービスを展開してくれそうな気がするんだよな。
本当は日本の企業ががんばってやってくれれば、一番嬉しいけどね。

うーん……

writer : サリ夫 サリ夫

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
writer : サリ夫自転車シェア自転車ニュース

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
コメント
コメントする
このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア