ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : 自転車パーツ
カテゴリー一覧
ブログ 

サイクルベルの革命!KNOGのOi(ブラック)を半年間使ってみた→ムムッ!?片方だけ色が変わってきているぞ!?

クラウドファウンディングのKICKSTARTERで資金を集め一部のサイクリスト達から注目を浴び、鳴り物入りで(ベルだけにね)登場した革新的なサイクルベル「KNOG Oi」。

画像
KNOG Oi : ダイアテックホームページより

LARGE Oi

このOiは発売当初は入手困難な状況が続いていたが、オレも今年の始め頃にようやくブラックを2つほど購入できた。趣味用のロードバイクと、通勤用のクロスバイクにそれぞれ付けていた。半年ほど使用して、面白い色の変化が起きたので紹介したい。

画像
赤まるで囲んだ部分に取り付けている

ロードバイクは自室内で保管、クロスバイクの方は上に屋根がある屋外で保管していた。そうするとある日、この2つのバイクのOiの色味に差が出てきていることに気がついた。もちろん最初はどちらも同じブラックだった。

画像

室内保管のロードの方のOiは、変わらず黒々としている。周りのブラックのパーツと比べても、しっかりと色を保っていることが分かると思う。

画像

一方屋外保管のクロスの方は、写真のとおり黒が色あせてブロンズっぽい発色になっている。半年ほどの使用での色の変化だ。これは雨や太陽光によるものだろうか?

今回の変色がたまたまオレの物がそうだっただけなのか、それとも商品の仕様なのかは分からない。ただ、そういう事象が起きたという話。

ちなみに俺は、物の色あせとか、小傷とか、ヤレとか、経年の変化を楽しめる人間なので、これはこれでいいと思っているけどね笑。このヤレたクロスには馴染むような気もしている。

writer : ひらやま 画像

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
writer : ひらやまクロスバイクライト・ベルロードバイク自転車パーツ

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア