ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : 選手ウォッチ
カテゴリー一覧
ブログ 

今話題の血管が浮き出た異様な「ツール・ド・フランス出場選手の脚」について考えてみた

画像
CNN.co.jp『ツール・ド・フランス、選手がレース後の「脚」画像を公開』より

今色々なところで話題になっているこの写真は、ツール・ド・フランス2017に出場しているボーラ・ハンスグローエのパヴェル・ポリャンスキーが、自分の脚を撮影して、自身のインスタグラムにアップしたもの。

凄いよな、これ。
合成写真とか
グラップラー刃牙とか
言われているけど......。
おいおい......

疲労が溜まると血管が硬くなって浮き出てくるものらしい。ここまで2週間以上レースを続けて来て疲労がピークに達していること、ポリャンスキーがクライマーで体脂肪が少なく筋肉と皮しかないこと、日焼けの異様なコントラストが、この見事な写真をつくり上げているのだろう。

脚の筋肉に
大量の酸素を
運び続けるために、
ここまで血管が
発達したのかな?
おいおい......

それにここまで
体脂肪がないと
自分の身体から
エネルギーを
補給できないだろう。
うーん......

だからあんなに
レース中にバカスカ
補給食で糖分を
摂っているんだな。
おいおい......

ってことは、
オレみたいに体脂肪が
普通にある人間
は、
プロの真似して
糖分補給しながら
走らなくても
大丈夫ってことか?
うーん......

この脚の写真を見ても分かるとおり、ロードレースの選手は自分の身体をペダルを回すことに特化させている。特に総合系やクライマーの体型は肩幅が狭く、手足がひょろりとしている。こんな特異な体型しているスポーツ選手はあまりいない。逆に言うと、トップレーサーになればなるほど特化しすぎてそれ以外の運動や一般的な生活が苦手ともいわれている。
真偽は分からないが、ロードレース選手の「自転車以外はダメエピソード」を集めてみた。

ロードレース選手の
脚の血管がヤバい
画像は定期的に
出てくる気もするけど、
毎回ビビる。
おいおい......

writer : サリ夫 画像

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
writer : サリ夫ツール・ド・フランス2017自転車ニュース選手ウォッチ

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
コメント
コメントする
このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア