ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : プレスリリース
カテゴリー一覧
ブログ 

3Tのパーツがサイクルベースあさひで買えるようになる!? あさひ、海外パーツブランド8社の日本総販売代理店に【プレスリリース】

物流網を活かし、スポーツサイクル製品の卸売事業を強化

お客様の快適な自転車ライフを提供する自転車専門店の株式会社あさひ(所在地:大阪市都島区、 代表取締役社長:下田佳史、 以下あさひ)は、 海外のスポーツサイクルパーツブランド8社の日本総販売代理店を開始するとともに、 スポーツサイクル関連製品の卸売事業を強化いたします。
あさひは、 さらなるサービス向上とお客様の自転車ライフのより良きパートナーとなることを目指し、 2015年2月に「あさひVISION2020‐NEXT STAGE‐」を策定しました。 その一環として「SHIFT TO SPORTY」のスローガンを掲げ、 スポーツとして自転車を楽しむことができる環境作りにも注力しており、 2015年よりスポーツサイクル専門店「スポーツスペシャリティストア」を展開しております。
先般のカナダ人気スポーツサイクルブランド「ルイガノ」「ガノー」の日本総販売代理権取得に続き、 この度、 海外のスポーツサイクルパーツブランド8社の日本総販売代理店の開始により、 スポーツサイクル本体からパーツ、 ウェアまでスポーツサイクルに関するアイテムをすべて取り扱う総合代理店として卸売事業を強化し、 VISOIN2020の達成を目指します。

画像

あさひVISION2020‐NEXT STAGE‐

2020 年 売上高660 億円、 530 店舗を目指し、 スポーツサイクル市場にも注力

あさひが今後目指す姿を具体化していく為の事業モデルとして2015 年2 月に策定したのが「あさひVISION2020‐NEXT STAGE‐」です。 お客様の「自転車ライフのより良きパートナー」となるため、 オムニチャネルによるライフスタイル提案型営業の展開と、 独自の機能や魅力的なデザインを持った商品の開発を通して、 新しい自転車の楽しみ方の提案を目指しています。
 その中で、 昨今の健康志向の高まりとともに、 運動やスポーツを取り入れるライフスタイルが増加していることを受け、 『SHIFT TO SPORTY』のスローガンのもと、 特にスポーツとして自転車を楽しむことができる環境作りに注力しています。

東日本、 西日本の物流センターを最大限に活用しスポーツサイクル製品の卸売事業を強化

画像

あさひは、 2005 年に三重県伊賀市、 2011 年に埼玉県久喜市に合計で約1 万坪の物流センターを設けました。 従来は一部メーカーから各店へ直接納入されていましたが、 2015 年以降これを自社倉庫への一括納入とすることで、 自社システムによる総合的な在庫管理が行えるようになり、 在庫切れによる販売機会ロスの低減を可能にしました。 そして、 今後これら2 つの拠点を最大限活かし、 卸売事業の強化を致します。

海外スポーツサイクルパーツブランドに関しまして

画像

カーボン・熱処理された上質のアルミ合金・チタニウム等を使用した軽量で高品質な自転車パーツ「3T」、 世界有数のタイヤメーカー「KENDA」、 イギリスで70 年以上の歴史を持つ老舗自転車メンテナンス用品メーカーの「WELDTITE」など、 アマチュアからプロまで使用可能な本格スポーツサイクル用パーツを展開する海外メーカー8 社の日本総販売代理店を開始、 本年末からの出荷を予定しています。

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
プレスリリースメーカー・ブランド

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア