ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : レース観戦
カテゴリー一覧
ブログ 

ブエルタ開幕! 第1ステージのチームタイムトライアルはBMCが勝利!! 【TTT?】【ITT?】

今年最後のグランツール、ブエルタ・ア・エスパーニャが開幕しました!
第1ステージは「チームタイムトライアル」となり、見事BMCが勝利しました。
ジロ・デ・イタリアやツール・ド・フランスでもタイムトライアルがありましたが、あちらは「個人タイムトライアル」です。
下記、ウィキペディアから引用します。

個人タイムトライアル

個人タイムトライアル、個人TT、ITT(Individual Time Trial)
一定時間毎に選手が個別に出走し、ゴールタイムを競う。

チームタイムトライアル

チームタイムトライアル、チームTT、TTT(Team Time Trial)
一定時間毎にチームの全員が出走し、チームごとのゴールタイムを競う。チームのうち規定の順番(1チームの定員によって異なる)でゴールした選手のタイムがそのチームのタイムとなる。

以上、ロードレース (自転車競技) -Wikipediaより。

通常のステージレースでは選手が同時にスタートし、集団内で駆け引きしたり相手を風よけにしたりしながらレースを展開していきます。
それが個人タイムトライアルでは選手が時間を置いて個別に出走するために、一定距離を独力で、高いスピードを維持しながら走る能力が必要になります。
これがチームタイムトライアルになるとチームごとの出走になるため、いかに全員で協力しあって速く走れるかがポイントになります。チーム内で交代で風よけをしあって走ったりもするので、一人だけ選手が突出する訳にもいきません。チーム全体の総合力の勝負になるわけです。

ブエルタの第1ステージは、このチームタイムトライアルになるのです。

【第1ステージ、ゴールタイムの決め方】

ブエルタのチームタイムトライアルのルールでは、5番目にゴールした選手の前輪がゴールラインを切った時が、正式なゴールタイムになります。この時間を各チームで競います。
また、1位でゴールしたチームのタイムから40%以上遅れると、タイムアウトで失格になります。
総合成績には、チームのタイムではなく、選手それぞれがゴールした時間が反映されます。

以上、第1ステージが終わった後にこんな記事を書いてしまいました。来年のブエルタのチームタイムトライアルを見る時の参考にしてください笑

writer : ニック ニック

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
writer : ニックブエルタ・ア・エスパーニャ2017レース観戦

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
コメント
コメントする
このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア