ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : じてばな
カテゴリー一覧
ブログ 

[当ブログ・下ネタ化のお知らせ]☆旅人中田が彼女をアクメ自転車に乗せてみた☆

どうもこんばんはー
トラベラーNAKATAです。

 

前回のブログに「アクメ自転車」についての体験談を書く約束を全国800万人の自転車好きの方と、
全国4000万人のアクメ自転車好きのためにその約束を果たしに参上しました。(待っていてくれてありがとー♥)

 

ではまず、そもそもアクメ自転車について説明せねばなるまい。

 

だが、その前にそもそもアクメとは何か説明しよう。(ウィキ●●ィアより)

「累積的な性的緊張からの突然の解放のことであり、骨盤まわりの筋肉のリズミカルな痙攣を伴い、強い快感を生んだ後に弛緩状態に至るもののことであり[1]、また一面では、喜びを感じ、ゆだねるという心理的な経験であり、その時、心はもっぱら自分の個人的な体験だけに向けられているものである」

 

ぬあ!!(; ・`д・´)
そうなのか!!

 

ま、いい。つまり逝くことだ(ひゅー!端的ぃぃぃ!)

 

 

 

つまり、そうだ!
この自転車はみんな大好きSOD社が開発した画期的なアダルトグッズなのだ。

 

 

ペタルを漕ぐごとにサドルに空けられた穴から大人の如意棒が上下し、穴へ。
その後はピストン運動を繰り返し、アクメへと導くのだ。

 

そんな妄想の世界のアイテムだと思われていたアクメ自転車(99%は男の妄想だ!文句あるか!)

 

 

 

画像

それが、いま、我々(当時の僕と彼女がそれが置いてあるホテルにいった)の目の前にある!!

 

 

 

ナカタ「よし!お前!乗ってみろ!( `ー´)ノ」

 

 

 

彼女「う、うん…(ぬぎぬぎ)」

 

 

 

ナカタ「よし!跨れ!( `ー´)ノ」

 

 

 

彼女「…(そっと跨る)」

 

 

 

ナカタ「よしっ!勢いよく漕ぎなさい!!( `ー´)ノ」

 

 

 

ガンガンガン!!

 

 

 

彼女「ひいい!いたいいい!!恥骨に当たるぅぅ!(( ノД`)シクシク…」

 

 

 

俺「うそーん( ;∀;)」

 

 

 

結論:アクメ自転車は一番のポイントである如意棒の長さをある程度長いものにしないといけない。
なぜなら都度出入りすると骨に当たるからだ。

おしまい

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
writer : 旅人中田じてばな

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
コメント(1)
ひらやま 2018年08月02日 15:55

ひどい笑

このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア