ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : クロスバイク
カテゴリー一覧
ブログ 

元々フロント3速×リア7速だったクロスバイクをフロントシングルにしていたけど、リアもシングルにしてシングルスピード化した

以前、上の記事のようにクロスバイクをフロントシングル化した。

今回は、リアもシングル化しようと思いたった(理由は、無理なパーツ構成のせいでチェーンが外れまくることと、サムシフターの変速が面倒くさくなってきたということ)。

いわゆるシングルスピードというヤツだけど、ピストバイクのようにはせずに、フリーハブは残しておきたい。

画像

amazonで数千円で売っていた、謎のメーカーのシングルギア用のアダプター。

画像

リアディレイラーを取り外す。重量も減るし、機械としてもシンプルになるし、気持ち良いですなぁ。

画像

現状のギア。ボスフリーじゃなくてカセットフリー。7速のカセットって珍しくない?そうでもない?

画像

それを取り外してアダプターを取り付ける。

画像

ギアの位置を調整して、チェーンが真っ直ぐになるようにする。

画像

チェーンのラインが曲がってしまっている場合は、このスペーサーを動かしてギアの位置を調整する。

画像

次はこれ。amazonで数千円で売っていた、謎のメーカーのチェーンテンショナー。
これまではチェーンが伸びてたるんでも、リアディレイラーが張っていてくれたけど、それを取り外してしまったので代わりに必要になるパーツ。

画像

amazonのレビューに書いてあった方法。まずは、このテンショナーをチェーンステーにテープで固定する。

画像

シングル用のチェーン。変速用のチェーンよりプレートが厚く出来ていて、しっかりしている。

画像

ここでテープで固定した意味が出てくる。固定していないと、テンショナーがチェーンを押し上げてしまい、チェーンを繋ぐときにコマ数が多くなってしまう。つまり、緩くなる。

画像

チェーンを繋いでからテープを切ると、ビシッと張ってくれる。この瞬間は気持ちよかった。

画像

しかしアクシデント発生。プレートの厚いチェーンのためか、このガードとチェーンが干渉してガリガリ音がする。

画像

しかしこのガードは簡単に取れた。問題なし。

画像

フロントギアもシングル用の物に交換。amazonで数千円で売っていた謎のメーカーのクランクセットで、クランクごと交換。
ロードバイクと違って、クロスバイクなら材質も精度も怪しめな安物のパーツをバンバン投入できるので、いじっていて楽しい。
ちなみに46T-16Tで、ギア比は2.875。別にこのバイクで山に走りには行かないし、自宅から駅の往復を想定したバイクなのでこれで十分だと思う。いや、ホイールが26インチなので、もう少しロングでもいいかもとも思っている。

画像

作業完了。
シングル化によって、チェーンラインは真っ直ぐになり、チェーンも厚くて丈夫なものになった。そのためペダルを漕ぐ力がダイレクトに後輪に伝わる感覚は、安心感がありかなり気持ち良い。チェーンが外れる気配も全くない。

writer : ひらやま

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
writer : ひらやまクロスバイク体験レポート自転車パーツ

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア