ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : ロードバイク
カテゴリー一覧
ブログ 

よくあるロードバイクインプレ「剛性感」「縦剛性・横剛性」「カンカンキンキン反応する」「スルスル走る」……分からない。。。

自転車のニュースサイトや雑誌などでよくあるロードバイクのインプレ。
個人的にすごい好き。安井行生さんのインプレとか超好き
「へー、このメーカーのこの車種はこんな感じなんだ~」
「あ、このバイクはそうなんだ!」
なんて、読んでいるだけでワクワクしてくる。

画像

でも実は、そこに書かれている表現について、実際にどのような体感なのかは全然理解できていなかったりする。
自分もロードバイクに乗っているのだけど、
「剛性感・縦剛性・横剛性」
「硬い」
「カンカンキンキン反応する」
「バネのようなしなり」
「スルスル走る」
などとよくインプレで使われる言葉たちは、言葉として意味は理解できても、自分がロードバイクに乗っている時にそれらを実感できたことがない。

実感できない理由は、何となく分かっている。
上で書いたようなインプレの言葉たちは、相対的な評価であると思う。
自分自身は、GAN RS(サイズ515)→GAN RS(サイズ465)→GAN RS(サイズ465)と、GAN RSをアホみたいに乗り継いできたので、他の車種の乗り味を知らない。

画像

「ロードバイク=GAN RS」となっているので、「剛性感」とか「しなり」とか言われても、比較対象がないので理解できないでいたのだ。

画像

ただ最近、DOGMA(サイズ500)に乗り換えた。

少し走っただけですぐ、「なんか違う」と感じた。
GAN RSと比べると、そこまで大きな差ではないけど、でも確実に「軽くて、速い」と感じたのだ。
もっと性格の違うバイクで乗り比べれば、違いが明確に分かるかもしれない。

そう、今まで実感できなかったバイクインプレの理解の入り口に、立っている気がするのだ!

妻もロードバイクを持っていて、TREKのÉmonda AR5に乗っている。
そこで、DOGMAとÉmondaの2台を同時に乗り比べてみた。

画像
サイズ違うけど。このモデルのこの色。

「ぜ、全然違う!」

自分は、ホビーレーサーではない。ローディとすら呼べないかもしれない。
通勤で毎日10kmちょっとロードバイクに乗りるだけで、休みの日に走りにもほぼ行かない(盆栽としてのロードバイク好き)。
そんな貧脚ロードバイク素人が、素人目線だからこそ伝えられることもあると思ったので、バイクインプレを書いてみたいと思う。

writer : ひらやま

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
writer : ひらやまロードバイク

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
コメント(1)
名もなき自転車ブログ読者 2019年03月22日 5:51

安井は厨二っぽい

このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア