ロードバイク・
サイクルカルチャーの
楽しさを
発信する自転車情報ブログ
 
メインカテゴリー : トランスポート
カテゴリー一覧
ブログ 

【自転車の車載】WAKEならロードバイク2台をそのまま車載可能!ホイールを外す必要もなく、慣れれば10分で作業完了!

愛車WAKEに、ロードバイク2台を積む様子を紹介したい。自転車を積載できる車を探している人の参考になれば嬉しい。

ロードバイク乗りにとって、サイクリングをするのにそのスタート地点へどう行くかというのは難しい問題だ。
そのまま自走で行くとなると、行ける範囲が狭まってしまうし、スタート地点に着いた時点で疲労困憊になっていることもある。
輪行という方法もあるが、車体の分解組み立てが手間となるし、大きな荷物を抱えて電車に乗ることは結構気を使う。また輪行バックへの出し入れで、車体に細かな傷がついてしまうこともよくある。

そこでやはり手堅い選択肢は、車で運ぶという方法だ。しかし、ロードバイクを車に積むことは案外難しくて面倒くさい

画像

この写真は今のロードバイクを買い、車に積んで帰った時の写真だ。固定もせずに車内に放り込み、リアディレイラーも下に向いてしまっているし、あらあらあらあらといった感じだ。
サイクリングへ車で出かける時は、いつもこんな感じで手荒に運んでいた。

画像

これではマズいと思い、今年の春にWAKEを購入。軽自動車ながらもその積載量の大きさが売りの、アウトドア指向の車だ。

画像
ダイハツWAKEホームページより : https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/leisure.htm

最初から自転車を2台積むことが想定されていて、積載するためのメーカーオプションが用意されている。まぁこのオプションが微妙に高いんだけどさ……ブツブツ。

画像

今回はこの2台を積んでみる。ピナレロのGAN-RSとトレックのエモンダAR5だ。もう積み下ろしを何回も繰り返しコツを掴めてきたため、今回の説明を思いついた。

画像

車載する前に確認しておかなければならない重要なポイントが、タイヤの空気圧だ。ある程度高くしておかないと、車内で固定してもズレてきてしまうことがある。

画像

車内の左側をフラットにする。分かりづらいかもしれないけど、助手席の後ろに車輪をはめるレールがある。
左側が完全に自転車を収納するスペースになるため、人は社内の右側に縦に座るということになる。
そうなると、人は運転席と助手席に座って、自転車は前輪を外して後ろに2台を並べて積めばと考える人がいるかもしれない。これは実際に試してみたが、物理的に不可能だ。広いと言っても、やはりその辺りは軽自動車のサイズだから限界がある。

画像

自転車の固定はベルトで行うのだが、そのベルトを引っ掛けるためのD環を所定の位置にはめ込む。車内にはこんなD環が6個ほどある。

画像

まずは2台をざっくりと車内に入れてしまう。片方は前向きに、片方は後ろ向きに。
この時に車輪を外す必要はないし、間口も広く室内高もあるので、何の苦労もなくそのまま入れられる。

画像

ここがWAKEに積む時のポイントになるのだが、車輪がちょうど段差の上に来てしまう。この段差が案外やっかいで、自転車の固定をグラグラさせる要因になってしまう。

画像

そこで、こんな感じにタオルなどをたたんで噛ませておくと、最終的にしっかりと固定できる

画像

1.車内のD環に固定用ベルトを通して、右側のエモンダを固定する。この時、ステムを抑えつけることがポイント。抑えつける場所がフレームだと、フォークが自由に動いてしまう。

画像

2.次に後ろの方から、トップチューブとシートポストの交差点にベルトを通して固定。ベルトをギューッと締め上げれば、この時点でほとんど固定が完了する。

画像

3.今度は左側のGAN-RSのトップチュープを抑えつけるように固定。D環のある場所的に、この位置になっている。

画像

4.写真だと色々ベルトが映っていて分かりづらいかもしれないけど、車内の後ろ側よりステムを固定している。
これで固定は完了。

画像

5.予備として、エモンダのトップチューブと、GAN-RSのステムと、車内の取っ手にベルトを通して締め上げてある。

これで水平から見て自転車の車体が斜めになっていなければ、運転しても固定が解けることはない。

画像

後は余ったスペースに荷物を置けば、二人での車載サイクリングは余裕で可能なのだ。黄緑のバスケットの下にも、90lのアンダートランクがあるので、収納に困ることはないだろう。

慣れてしまえばこの積載は、10分で行ける!
手軽に自転車を積んでサイクリングに行くための自動車として、WAKEはとても便利な車だ!

writer : ひらやま

にほんブログ村 自転車ブログへ

↑自転車ブログ人気ランキング参加中↑
1日1回応援クリックお願いします!(切望)

【この記事のカテゴリー】
writer : ひらやまトランスポートロードバイク体験レポート車載

この記事をシェアする
twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア

前後の記事を読む

 
このサイトをフォロー
このサイトをシェア twitterでシェア facebookでシェア Google+でシェア LINEでシェア はてなブックマークでシェア